Goのパッケージ管理glideを初めて使う時のハマリポイント

投稿者: | 2016年5月27日

GO言語は最近触りだしたばかりでちんぷんかんぷんですが、パッケージ管理機能のglide(グライド)を使った時に、全然ビルド出来なくて困った話をします。

解決策は、実際にGOを使っているエンジニアに聞いたので間違いない(はず)です!

はじめに

世の中には既にglideについて書かれた素晴らしい記事はたくさんあります。そもそもglideって何?という方はこちらの記事を読んでください。

こちらの記事で、glideを使ったvenderingがうまくいった方は、この先を読まなくて大丈夫です。

僕は無理でしたけどね!

というわけで、Go大して知らない。でも、せっかくやるならパッケージ管理は使いたいというわがままな人に向けて解決策です。

コピペレベルで環境構築できるようにしておきますね。

Goとglideのインストール(Mac)

流石にこれはやってますよね?

インストールした後は、GOPATHの設定をします。色々な記事を読みましたが、ホームディレクトリ直下にgoディレクトリを作ってしまうのが良さそうです。

glide使うには、export GO15VENDOREXPERIMENT=1の設定が必要なのでやっておきましょう。

ターミナルよくわからない方は、次のコマンドも打っておいてください。

Goプロジェクトの作成

大切なことなので、いいます。

glideを使うプロジェクトは$GOPATH/src/ディレクトリ以下に作成してください。

僕は、この暗黙の了解を知らずに2時間ほどハマりました。

サンプルコードはそうですね。KeisukeUtsumiに作成してもらった、最低賃金をスクレイピングするスクリプトでどうでしょう。

@KeisukeUtsumi/最低賃金.go

初め、$GOPATH/src/ 以下に、作成することを知らず。~/goproject/mygo/main.go を作成して、glide installが出来ないと嘆いしてました。

~/go/src/mygo/main.go を作成したら無事にビルドできました。

みなさんも気をつけてください。

現在、クックビズでは新しいメンバーを募集しております!

このブログを書いているのはクックビズ株式会社の開発チームです。私たちと働いてみたいと思った方はWantedlyから話を聞きにきて下さいヽ(=´▽`=)ノ  
カテゴリー: Engineering タグ: ,

Tomoyuki Sugita について

開発部にいるのに何やってるの?と他のスタッフからよく思われてます。ブログ書いたり、社外勉強会でプレゼンしたり、やたらと会社の備品を増やしたり。ちゃんと仕事やってますよ?

Goのパッケージ管理glideを初めて使う時のハマリポイント」への2件のフィードバック

  1. d_abe

    私の記事を参照していただいていたので、少し補足させてください。

    $GOPATH/src/ に作成する必要があるという認識は間違っていませんが、
    direnvというツールを使うことで任意のディレクトリを動的に$GOPATHにセットすることができます。

    具体的なやり方はリンク先を参照していただければと思いますが、
    これを使うとプロジェクトごとに$GOPATHを自動的に変更することで個別にファイル管理ができます。

    返信
    1. Tomoyuki Sugita 投稿作成者

      d_abeさん

      補足ありがとうございます。direnv使うやり方も試してみました!面白いツールですね。
      個人的には.envrcを管理するよりも、ツール無しで $GOPATH/src/projects/ とディレクトリを掘って、projects以下をコミットする方がシンプルだったので、後者の使い方をしました。
      もしかしたら、プロジェクトが増えすぎてdirenvが必要になるときが来るのでしょうか。。。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Calculate it, plz.(captcha) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.